読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王さまの耳は

思えば昔はよく心に思うことをノートとか手帳とかに日記のように羅列して、感情を吐き出していたな

飾らない、取り繕わない、いかにそのままの気持ちを書き表すかを課題に書いてた

端から見ると暗いぞ、おいまぁ10代の、感受性の強い時期だからさ

あの時のノートとか、どこ行ったんだろう…誰の目にも触れてませんように(祈)

よく、昔の人の日記見つけて読んでどうのこうのとか映画とかの話であるけど、あれ考えてみたら書いた人にとっては恥ずかしいよね

こうやって人の目に触れることも認識しながら書いてるならともかく

ほんと、あの時のノート、どこ行ったんだろう(笑)

大人になって、特に結婚してからは、手際が悪いのもあるけどやることけっこうあるし、一人でいる時間も減ったし

そういえば最近は全然書いてなかったね

そういうことも原因のひとつなんじゃあないかしら?

このハゲストレスは、絶対どこかに出す場所を、そして改めて自分を見返す場所を作るべきと思ってこれ書き始めたのね

会社には、病院通うのに半休とか早退とか今までより増えるのもあって、上司とか先輩とか、ほんの一部の人にだけ話したけど

まあ言っても「王さまの耳はネコ耳」くらいな勢いでしか話してないしね

漠然とした不安とかずっとあるものは聞かされる方も嫌だろうしね

友達とかにはたまに話したりもあるだろうけど、やっぱり「ロバの耳」って吐き出すmy穴が必要よね

ってなわけで

「王さまの耳は、ロバの耳ーーーーー!!!!!」