読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2年ぶりの「ホテルグリーンプラザ強羅」来訪の旅PART1

2017年2月18日(土)より2日間は「ホテルグリーンプラザ強羅」へ2年ぶりに来訪する旅に出かけた。

この「ホテルグリーンプラザ強羅」は今までの箱根方面に出かけた際にお世話になっているホテルなのだが、今回は2年ぶりの来訪でスタッフの方々もどんな顔をして出迎えてくれるのかドキドキワクワクであった。

この日は仕事を早めに終わらせての出発であった。

今回は新宿駅を9:00に出る特急「スーパーはこね9号」からのスタートとなった。

小田原で下車し、こちらの駅で「旧街道・国道1号線きっぷ」を入手する。

その切符は新宿駅でも入手は可能なのだが、そちらだとどうしても端末発券になってしまうので、常備券タイプが入手出来そうな小田原エリアで買うことにした。

ところが、常備券入手可能と思われる窓口はICカード決済可能なのか不明な点があることにより、小田急小田原駅の出札窓口で端末発券のタイプのものを入手。

小田原から各駅停車の赤い電車で箱根湯本へ移動。そして登山電車へと乗車。

小涌谷から乗り越しとなるので車内で精算。これにより登山電車の車内補充券(総合運輸所乗務員発行)入手となった。

強羅からはこの日の昼食場所となる公園上までは箱根登山ケーブルカー乗車。

昼食場所は有名な大涌谷(大涌谷駅食堂)や桃源台(桃源台ビューレストラン)ではなく、ケーブルカー公園上駅側のレストラン「旬幸」。

先に挙げた2ヶ所はかなり混雑し30分以上待たされる可能性ありなので、公園上駅側のレストランを選んだ。

「旬幸」はお料理がヘルシー料理がメイン。

箱根の山岳地帯を一望できるので「落ち着いて食べたい」という方にはおすすめ。

公園上駅から再びケーブルカーで強羅へ。

公園上駅無人駅なのでケーブルカー車内で登山電車連絡乗車券を「旧街道・国道1号線きっぷ」の起点となる小涌谷までのものを入手。こちらもまた車内補充券なのだが、登山電車の車内で購入するものとは異なる(発行欄は強羅駅管区発行と記載)。

強羅から登山電車、箱根湯本から箱根登山バスK 系統で元箱根港という流れとなった。

元箱根港到着後、コレクションになりそうな切符を買おうとしたものの、混雑で断念。元箱根港から強羅駅まで箱根登山バスを乗り継ぎ、強羅駅からケーブルカーでこの日の宿となる最寄り駅上強羅駅へと向かった。

ホテルグリーンプラザ強羅」に到着。

こちらが2年ぶりの来訪するホテルとなる。

スタッフの皆さんの顔ぶれも少しは変わってはいるものの、支配人さんは以前とはかわらずで、相変わらずお元気そうであった。

だいぶ長くなってしまい、書ききれなくなったので続編もご期待下さい。