読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽自動車、買うなら来年?

 先ほど、Webで新型のワゴンRの情報が出ていました。

先日この車のネタで日記書きましたが、サイド&カーテンエアバッグ

付くグレードは最上級のモデルしかない。それ以外は選ぶ事すらできない。

 で、今日見た記事によると来年の6月中旬以降から、自動車の衝突安全基準に

側面衝突が加わるというものでした。テスト内容は、自動車を横滑りさせ電柱に

時速26Km/hで衝突させるというもの。このテストを今の軽自動車でやると

乗員の死傷は免れません。かなり高い確率で死亡するケースが出るでしょう。

 このような事から、来年から出る新車はサイド&カーテンエアバッグ

標準で装備されてくる事が確実視されています。そういう事で、今よりも値段は

高くなるけど車としての安全性は飛躍的に向上するでしょう。

 新型のワゴンRは最上級グレードで装備されているので

同じ骨格を使った低価格のグレードにも付ける事が出来ます。

今回の新型で、全車に付けられなかったのは、エアバッグ

生産キャパが追い付かない為?

 と言うのは、やはり考えにくいです。

新型になったけど価格は据え置きどころか実質値下げしている

訳ですからあえて削ったのでしょう。そして、オプションでも選択できない

理由は、作り分けしなくて良いと言う事。そうする事で生産コスト下がります。

 来年からは否応なしに全車標準になる筈なので、安全な軽自動車が

欲しければ来年まで待つのが得策でしょう。スズキだけではなく他のメーカーも

同じです。しかし、この基準は商用車には適用されないとは思います。

あくまでも乗用車だけだと思います。

 ワゴンRと同じ自動ブレーキが付いてサイドカーテンエアバッグが付いた

アルトの一番安いのなら買い替えできるかもしれません。今年は知人の会社で

車検取ります。ディーラーには入れません。