読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13「ザ・コンサルタント」

思ってたのと全然ちがう!

超ヘンテコ面白クライムサスペンスアクション

▼△▼△▼△▼△▼△▼△

田舎町のいがない会計士クリスチャン・ウルフ。

高機能自閉症のせいで、人と上手くコミュニケーションを取ったり

場の空気を読むのがとても苦手だが、数字数学に天才的な能力を発揮する。

ある日、ロボット工学の大企業の財務調査を引き受け、重大な不正経理を発見するが、CFOの謎の死を持って何故か調査が打ち切られてしまう。

不正を暴いたクリスと女性経理担当に殺し屋の手が伸びるが、

クリスには会計士とは別の裏の顔があった。

裏の世界の危険な顧客達の帳簿を一手に管理し、必殺の暗殺もこなす

会計士兼殺し屋だった。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△

予告編の印象で勝手に「イコライザー」や「ジョン・ウィック」「96時間」「沈黙の戦艦」……の系譜に連なる

「ナメてた相手が殺人マシン」(通称:ナーメテーター)系かと思ったら、

全然違ったし、要所要所ヘンテコ要素満載でこれはこれで超オモシロイ!

映画が始まって1時間近くクリスの殺し屋としての手腕は全く描かれず、

抱えてる自閉症への理解を促すシークエンスや、

会計士としての敏腕振りがシリアスに描かれる。

殺し合いこそないものの、周囲の証言やクリスの挙動から

凄腕の殺し屋としての輪郭が浮かび上がるような描かれ方で、

キレたらホントにおっかなそうさが一層高まります。

前半部で溜めに溜め込んだスリルが

後半一気に爆発してくアクションシーンもリアリティあってカッコイイ。

インドネシアの格闘技シラットをベースにしたという、

ヌルリヌルリと体をかわして、確実に相手の頭部へ銃弾を撃ち込む容赦なさっぷり。ベンアフの体格の良さもあってか、大変に迫力あって見ごたえ十分。

シリアスでリアリティ路線の一方で、全体的に(特に子供の)精神疾患神経症への理解を観客に促すような描写が数多く描かれながらも、クリスの父親がクリスを強くするためにしたことの不合理さだったり、ヴィランの正体がわかってあれがこうなる展開とか「は?」と思わせる要素も多くて、

どこまで大真面目に見ればいいのか分からなくなりました。

ヒロインがアナ・ケンドリックなせいか、神妙なシーンであればあるほど

コメディ要素に見えてくる感じで、どんな気持ちになっていいのか分からなくなったり。

個人的にジョン・リスゴーが久しぶりにジョン・リスゴーな役なのが嬉しかったのと、JKシモンズのほうれい線に目が釘付け。

惜しむらくは子役デヴィット・マズーズ君がクリスの弟ブラクストンの子供時代を演じてましたが、できればクリスの子供時代を演じて欲しかった!

のちにベン・アフレックとなって、さらにのちバットマンになるっていう

TVドラマ「ゴッサム」とジャスティスリーグを股にかけた妄想が完成できて面白かったのに!

あと主人公がF150を乗り回してるのも愉快。

あんな燃費悪いデッカイ車乗り回してたり、エアストリームを倉庫兼仕事部屋にしたりやたらとアメリカンなセンスが不思議面白い。

F150にしろエアストリーム(幌馬車がデザインモチーフ)にしろ、古き良きアメリカを連想させる車種で、そういう意味では今作って西部劇だったような気もしてきます。