読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心ない言葉

近所の親しい方のお孫さんが中3で登校拒否になり、卒業証書は、校長室で一人で貰ったという。

今月から、不登校の生徒さんが多数通学する高校に通うそうだ。

通学通知を見て、孫さんの父親(娘さんの婿、が本人を前にして、言ったという。

「こいつの人生は終わったな」と。

これを聞いて、私達夫婦も、他人事ながら、「なんという酷いことを言う」と立腹。

確かに、大企業やお役所のお偉いさんになるのは、絶望的。

でも、これからの、世の中、どのように進んで行くのか分からないので、なにが幸いするかわからない。

励ましてあげねば。

私がむきになることは、ないのだけど、劣等生でこの歳まで来た私は、そういう子らを身近に感じるので声援を送りたい。

今日は、柄にもなく、かっこいいことを書いちゃった。