読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DQ2プレイ日記【第3回】

サマルトリア王国の第一皇子として生まれたトンヌラは幼いころより厳しく帝王学を教育されて育った

周囲の期待に応え 学問・武術 ともにたぐい稀なる才能を見せるトンヌラであったが

とりわけ武術の才、それも槍術において飛び抜けた実力を発揮させて行った

その実力は、サマルトリア王国近衛騎士団に正式採用されているゲインツブルグ流総師範代をもって『門派始まって以来の天才』と言わしめるほどである

そんなトンヌラがついに”鉄のやり”を装備する!!

トンヌラにとってこれ以上の武具は必要ないだろう

世界に平和をもたらすまで、トンヌラの槍が悪を切る!!

悪・即・斬の信念のもとにっっ!!

って妄想しながら、トンヌラに鉄のやりを購入(^w^

トンヌラは装備できる武器が少ないので当分鉄のやりで頑張ってもらいます(w

さて、装備を整えたあとはムーンブルク城へ向かいます

到着

いや〜、滅んでますねぇwww

ここではラーの鏡の情報が手に入るだけ

難を逃れた女子高生でも立て籠ってないかくまなく探してみたんですが、見当たりませんでした(笑)

さて、ラーの鏡の場所は知っているので、このまま沼地へ取りに行き、ムーンペタへ戻ります

そしてムーンブルク王女の復活です!!(^^

いや〜、やっぱり良いですね、パーティーに女の子がいるのは

空気が華やぎます

更に最強の呪文イオナズンの使い手ですから育てがいもありますし(^w^

もっとも『私は爆裂魔法しか使いません!!』とか言う、中二臭いキャラだったら速攻追い出しますが、マリアは性格も良さそうなので一安心です

タクマさんは懐の深い男だよね(笑)

さて、その後は

風の塔攻略(風のマントGET)

ドラゴンの角攻略(対岸へジャンプ)

港町ルプガナ到着

ここまで進めました

次回はルプガナからです(^▽^)/